VPNとは何か

バーチャル·プライベート·ネットワークの頭文字を取った略語であり、インターネットを介してコンピューターと別のネットワークの間に安全でプライベートな接続を確立するためのネットワークです。

VPNは、暗号化やその他のテクノロジーを通じて、公共Wifiから接続する瞬間に待機している可能性があるハッカーや侵入者から保護されるように設計されています。

仮想プライベートネットワークがどのように構成されているかを説明するのであれば、より安全で匿名性を保った方法でインターネットへのアクセスを可能にするレイヤーという説明ができます。やや疑わしいように思われるかもしれませんが、実際のところセキュリティの追加レイヤーが必要になる正当な理由が数多くあります。

大企業は、リモート作業をよりシンプルに実行し、各支店のセキュリティを維持するためにVPNを使用しています。場所を問わずVPNを使用して企業ネットワークへの接続を作成すると、インターネットはVPNを会社からの接続として解釈します。

世界のどの地域であっても、バーやホテルの部屋からでも、プリンターなどのデバイスを含め、すべての情報に簡単かつ安全にアクセスできるようになります。

また、現在では他の種類のセキュリティにも実用的であることが判明し、セキュリティ上の懸念などを理由に多くの人々がインターネットサービスプロバイダーからのすべてのブラウジングアクティビティを偽装するためにVPNを使用しています。

ただし、VPNeticではVPNはすべてのアクティビティを記録できると説明しており、使用するプロバイダーが信頼できるものになるように、予備調査を実行することが重要です。

数多くのユーザーがVPNを使用するもう1つのメリットは、地理的にブロックされたWebページを閲覧できる点です。VPNをインストールしてネットワークに接続すると、インターネットはVPNネットワークから接続されていると見なします。

したがって、ヨーロッパまたはアジアにいながら、米国版Netflixを使用したい場合によくVPNが利用されています。ストリーミングプラットフォームは、接続が別の国からのものであることを検出すると、ログインできなくなるためです。

ただし、VPN経由でアメリカのネットワークに接続することにより、どの地域からでも米国版Netflixライブラリにアクセスできるようになります。

厳格なインターネット検閲が実施されている国では、ほとんどの人がVPNを使用してファイアウォールを潜り抜け、ブロックされている情報にアクセスしています。

VPNがどのように多くの利点を提供するかを可視化する最も簡単な方法は、暗号化の利用です。VPNは情報を介してトンネルを開発しており、誰もハッキング、監視、侵入することはできません。

Total
0
Shares