ツールの摩耗と損傷を減らすためのロボット仕上げの活用

工具の摩耗と損傷は、多くの機械ディーラーが苦労している一般的な問題の一部です。

使用されたツールは破損しているものの廃棄することは、発生した費用を考慮すると痛みを伴う経験になります。

ロボット仕上げにより、マシンを保護し、寿命を延ばすことができることをご存知ですか?

誰もがコストを削減する方法を模索していますが、時には、過度に損傷したツールを廃棄せざるを得ない場合があります。

ツールの摩耗を減らす方法はありますか?

工具の摩耗、損傷、廃棄物を削減し、品質の仕上げ作業を強化することが可能です。ロボットの仕上げと接触オフセットプロセスを活用して、高度な方法で工具摩耗の課題を克服できます。

仕上げで工具の摩耗と損傷を引き起こすのは何ですか?

ロボット業界の一部の専門家によると、工具の摩耗と損傷は機械加工ツールでは一般的です。それでも、この問題は、研磨やサンディングなどの仕上げ作業でも発生する可能性があります。

工具摩耗を理解する

工具摩耗とは、使用を続けると加工工具が徐々に故障する状態です。タスクを完了する際に、ツールの損傷が操作の一部を形成することに言及する価値があります。

研磨媒体がワークピースの表面を腐食すると、プロセス中に損傷を受けます。摩耗率が高い場合、研磨媒体を定期的に交換する必要があります。

摩耗率は、使用しているワーク装置と研磨媒体の種類によって異なります。

工具摩耗の低減

ツールの損傷率を減らすことは重要です。ただし、仕上げの品質を危険にさらすことなく行う必要があります。

さらに、仕上げ工具の表面全体で安定した摩耗率を維持することを目指します。手動仕上げ操作を使用してこれを達成することは、困難な作業になる可能性があります。

仕上げ作業に影響を与える可能性のある工具摩耗の例

仕上げ作業に影響を与える可能性のあるいくつかの種類の工具摩耗を次に示します。

 

粘着摩耗

 

摩擦により材料が過熱すると、接着摩耗が起こります。最終的に、素材は柔らかくなるだけでなく、融合し始めます。これにより、ツールの寿命が最短になります。

 

硬質粒子の摩耗

 

硬質粒子の摩耗は、ワーク表面の硬質粒子または不純物によって引き起こされます。これらの不純物は周囲の材料と比較して硬く、仕上げ材を腐食する速度を高めます。

 

拡散摩耗

 

拡散摩耗では、仕上げ作業中に工具の化学組成を変更する必要があります。たとえば、過熱による摩擦は研磨媒体を柔らかくし、ツールの表面に損傷を与える可能性があります。

 

破壊摩耗

 

硬い仕上げ工具が破損すると、工具全体の交換を必要とする破壊摩耗が発生します。

 

化学摩耗

 

化学摩耗は、酸化などの化学反応によって引き起こされます。これにより、仕上げツールが腐食する可能性があります。

ロボットの仕上げはどのように支援しますか?

ロボットの仕上げは、仕上げ作業の品質を向上させる理想的な方法です。終了タスクを手動で実行する際に発生する可能性のある一般的な問題のいくつかを排除します。

さらに、正確です。これは、表面仕上げを強化し、エラーを最小限に抑え、仕事の価値を高めることを意味します。

 

一貫性

 

ロボット仕上げの主な利点の1つは、一貫性です。ロボットは、ツールの表面で一貫したラインを維持するように設計されています。

ロボットは、力センサーと併用すると、ツールの表面に沿って安定した力を維持することもできます。なぜこれが起こるのですか?

一貫した力が一貫した経路と組み合わされると、結果は一貫した工具摩耗になります。ロボットの仕上げを利用すると、使用する各研磨工具をさらに活用できます。

工具の摩耗は一貫しており、継続的な強化技術を実践することで、時間の経過とともに摩耗を減らすことに集中できます。

最後に

研磨媒体が予想よりも早く故障することを心配していますか?ツールの摩耗を減らす方法を探しているときに、ロボットのプログラムを調整することができます。人間には一貫性がないため、手作業で仕上げることは不可能です。これは、仕上げタスクの正確な実行を改善するためにロボットが来る場所です。